知識
ホーム > 知識 > 本文

加工製品ラフプロダクトの基本概念

靖前機械製造株式会社 | Updated: Dec 22, 2017

機械加工製品粗加工製品の基本概念は、単純な加工や製品の一次加工によって原材料を意味します。

荒削りは、できるだけ短時間で切削するために、荒削りのためのブランクの迅速な除去の目的であり、大きな飼料および可能な限り切削深度に使用すべきである。

機械加工製品表面品質要件の粗面化は高くはないが、工具の鈍化基準は一般に切削抵抗の大幅な増加であり、すなわち、刃先表面の幅がVBであり、精密な基準を決定する基準となる。

フォームAは原産地証明書であり、原材料および加工現場の源であり、輸入された材料および部品を処理する製品であっても、フォームAの充填方法、カラムの形態:標準の起源である。

完全に元の製品は、すべての国への輸出は、元の原材料を含んでいない、 "P"を記入してください。

機械加工された製品非生産品、EU、ノルウェー、スイス、日本への輸出品には "W"、輸出品には "W"などの品目番号42.02が含まれています。 調子:

(1)その製品は、その加工条件に沿って、上記の "加工リスト"に含まれている;

(2)製品は「加工リスト」には含まれていないが、製造プロセスで使用された元でない原材料および部品は完全に処理されるものとする。 製品のHS品目番号は、使用される原材料または部品のHS品位番号とは異なります。

機械加工された製品非生産品、カナダへの輸出、 "F"の記入。 条件:原産ではない成分の価値は工場出荷時の価格の40%を超えない。

非純正品を含む製品はポーランドに輸出され、 "W"が記入され、続いて "W" 42.02などの輸出製品のHS製品番号が記入されます。 条件:非自主的成分の価値は、製品のFOB価格の50%を超えない。

非原産品、ロシア、ウクライナ、ベラルーシへの輸出、 "Y"の記入、 "Y" 38%などのFOBの割合を占める製品の原産以外の値が含まれています。 条件:非自主的成分の価値は、製品のFOB価格の50%を超えない。


靖前機械製造株式会社

S